3度目の本コース

ゴルフをはじめて一年少々がすぎました。
余裕があるときに、週一でのレッスンか打ちっぱなしに行ければいいな・・・、
という当初のノリそのままで、細く長くを基調に続けてきました。

過日、友人二人と上里のコースへ行ってきました、本コースは通算3回目です。
気を使わなくていい仲間内3人で回るので。
とんでもないスコアが出ること覚悟で、カップイン間際のOKも、空振り見逃しも無しで、
当然OBは二打罰で、はじめて厳密にルール通りスコアをつけてみることにしました。

第一打のドライバーから早速OBで、どうなることやらと思いつつ、
前半69、後半62、計131でなんとか終了しました。
後半、幾つかの短ホールのティーショットをアイアンに変えてからは若干打数が向上したかも。

ドライバーを重点的に練習しなきゃ、長いクラブを持つ際のビビリ感も、「慣れ」で克服したいもの。
加えてパターの練習もしなきゃ、ロングショットも短いパットも同じ一打だと頭でわかってはいるものの、なかなか。
この二つに留意して・・・半年後にはスコア120の壁を切っていきたいものです・。

ゴルフをはじめた一年前と比較すると・・・
7I・・・ 80ヤード → 120ヤード
5I・・・ 80ヤード → 130ヤード
PW、AW、SW・・・ 違いがイマイチ実感できず → 思い込みかもしれないけれど使い分けてみたいかも
ドライバー・・・ 全てスライス → 3回に1回はスライスしないかも

かなりの低空飛行ながらも(一応は)進歩している、と思いたいところっす(笑)。

レッスン時に指摘されている目下の課題も幾つかあります。
ダウンスイング時に腕をまっすぐ引きおろすことと、下半身始動で体の左側を軸に回転すること、等々。
書くのは簡単ですが、ここ一ヶ月試してみても中々上手くいかず、身体的な実感がわかず苦戦中なのです。

多分、体の動きを頭で理解することと、実際に動作してみることは全くの別件だという、
ありきたりな問題なのでしょう、しかし解決策が見当たらない。
ただ、運動音痴を自覚している身ではありますが、その二つの差を埋めていこうと、
仕事帰りに、たまにジムのゴルフレンジに行って試行錯誤することは決して嫌じゃないし・・・。
むしろ仕事のいい気分転換になっています。

本コースを回った後、風呂にゆったりつかり、心地良い疲労感と共に帰宅しました。
友人が運転してくれたため(多謝)昼食時のビールは控えましたが、その分晩酌がぐっと来ます。

個々人ごとにそれぞれの楽しみ方を見つけられる(見つけちゃっていい)スポーツだと思いますし。
時間経過(加齢)と楽しみが正比例する数少ない事だと思いますし。
改めて、細く、長く、続けていきたいものだ、と感じました。
[PR]
# by ukeru3 | 2007-11-09 22:54 | ゴルフ

果実酒

普段甘い酒を自発的に飲むことは少ないのですが。
キャンプの友人自作の果実酒の美味しさや、自分で味を調整できるという、
その自由度に惹かれてしまい。
果実酒作りに挑戦してみることにしました。

部屋の整理をした際に、収納2段目の左側のスペースがぽっかり空いたことでも、弾みがつきまして。
まさに畳1/4ほどの冷暗所、密封ビンの数本ならしっかり置けそうだ・・・。

最初は、定石どおり梅でいこうかなと思いましたが、とっくに出回る時期は過ぎていました。
個人的に好きなミントで作ろうにも、なんとなく敷居が高そうで及び腰気味になってしまう、うう。

悩んだ末に、カクテル等に汎用性の高そうなコーヒー豆と、丁度この時期が季節(←ネットで後付で知った)
とのことの洋ナシをホワイトリカーと氷砂糖に漬けてみることにしました。

普段はコーヒー豆から入れるなんぞしないから、とりあえず駅前のドトールにでも行ってで使う分だけ買って来よう。
洋ナシはとりあえずは近くのスーパーで買ったものの、青くていつが食べごろなのか判断に迷うな。
一人暮らしの日常で果物には馴染みが無い生活を送っていたことに改めて気づきました。
購入時=食べごろ、でないものが店頭に並んでいるという感覚がなんとなくぴんと来ない、
ウィスキーみたいに熟成後に店頭に出してくれりゃいいのに・・・。

c0022347_04121.jpgいかにも初挑戦らしく、戸惑ったり、ネットで調べて学習したりしながら、
ようやく2ビンのパッキンをし終えました。
ふいい、結果が出るのは数ヵ月後かあ。

根がせっかちな者としては、ある意味長期的な視野を養う(大げさ?)ための、一つの訓練のような気もしてきました。
短期簡に結果が出ないとついイライラ・・・な癖は抑えておかないといけないんだろうな。

今回の流れで感覚がつかめたら、ゆくゆくは本命の梅酒やら。
ミントやらパッションフルーツにも挑戦してみたいもの。

週末の部屋掃除で収納をあける度にビンを振ってみよう・・・。
[PR]
# by ukeru3 | 2007-10-27 00:10 | Bグル・お酒・自炊

誕生日はトムと同じ

29歳になり(ってしまい?)ました。
見た目も、内面も、同年代に比して。
いかにも職歴経験の少ない感じのままにこの年を迎えてしまったな(泣)。
そして、誕生日を迎えたからといって何かが変わるわけではなく、いつもどおりの毎日・・・。

週末の土曜日は1時過ぎから練馬のショートコースを2回まわりました。
一巡目は友人とアプローチを競いながら。
二巡目は途中加わった友人達を加え一打交代の団体戦形式で最後まで。
コース途中には、立木に、フェンスに、カップに、誕生日のサプライズカードが仕込まれていました。
種明かしの時まで事態が把握できず、配置されているカードに首をかしげながら打っていました。
最後にケーキが出てきてはじめて了解、どうもでした、そして気が付くのが遅くてゴメンなさい。
完全に騙されていましたゼ(笑)

そして夕方からは大塚に移動し、モンゴル料理屋での飲み会へ。
大学のサークル仲間の名幹事が企画してくださった集まりであり。
いやはや、食べた、飲んだ、民族衣装を身に着けた・・・前回同様濃いい数時間でした。

日曜日は朝遅くおき、部屋を掃除し洗濯物を取り込んだあと。
先日のビールの対価にジムへ行き、ジョグとサウナで軽い汗を流してきました。
気温が下がってきたせいかな、中々発汗しない分、一度体が温まると燃焼が持続する感じです。
そして帰宅し、友人と飲み食いしながら、自宅でパソコンで写真や音楽鑑賞に、まったりと数時間。

自分が子供の頃、周囲の29歳といえば随分カッチリした大人だなあ、というイメージでしたが。
いざその年齢に達してみると、そのイメージとは大分離れたところで、
相変わらずマイペースに生活している感じがします、(苦笑)。

とうとう20代最後の一年だなあ。
なにわともあれ、毎日に納得して生活していきたいもの、そしてそうありたいもの。
[PR]
# by ukeru3 | 2007-10-15 00:12 | その他日常

連休ダイビング@土肥・中木

先月から3連休が続きます。
9月半ばの連休は土肥に、この週末は中木に行ってきました。
水温は気温よりも2ヶ月遅れで変動するらしく、水中が暖かくなるのは遅いけど、寒くなるのも若干遅いのです。

土肥で海中のゴミ拾いを兼ねて無料のボートダイブ一本。
(ダイビング先輩は一升瓶やら長靴やら漫画のようなゴミを一掃、自分も落ちていたウェイトをゲットしました。)

ダイビング施設101では先輩方にフィンキックの方法を教わったり。
4メートル鏡張りのプールで中性浮力の取りかたや器材のリカバリのコツを聞いて試したり。
Cカード取る際に詳細な講習が無かったことを詳しく教えていただき目から鱗でした。
もっと練習しなきゃな、多摩地区にもダイビング用の深度のあるプール欲しい・・・。

うねりがあり、濁りがある水域もしばしばありましたが、2週末で合計6本潜ってきました。
海中ではハゼとエビの3者共生とイカの群れの光景が特に印象的でした。
ボートダイブが多かったので、高いところ苦手な身ですが、バックロールでのエントリーにはこれで慣れたかも。

次回注意することは・・・
深度を下げる際のこまめなエア調整と、ウェイトを腹側の適切な場所に置くこと等々・・・気をつけなきゃ。
潜る回数が冷えることに比例して、思い浮かぶ問題点も続々出てくるな・・・。
あとウエイト用のポケットと、山渓の魚図鑑もそろそろ入手しておきたいもの。
そろそろ年末の小笠原行きに向けて少しづつ準備をしていかなきゃなあ。

夕食は土肥では船盛と宴会、中木では伊勢海老と宴会でした。
宿代はリーズナブルなのに、晩御飯が非常に豪華でびっくり、流石は港町だなあ、と。
実家も港町なのですが、日本海側で鰤やカニが主なため、マグロやエビの盛りの良さにちょっと感動しました。
そして帰路では一鶴のランチ一同ワイルドに平らげて帰宅・・・。

あと、普段は甘いものはどちらかというと苦手で、あまり食べないのですが。
誕生日でいただいた(多謝)ケーキや、冨久家のロールケーキや、豆かん等々、甘味もたっぷり食べてきました。
どれも上品な甘さだったからとっつきやすかったのかな、温泉に続き、甘味にもちょっと開眼の予感です。

どちらも、食欲の秋と、活動の夏の、おいしい所を両取りしたような充実の連休でした。
いい気分転換になったな、次週末まで4日、日常の仕事も生活も同様に充実させていきたいものです。

--------------------------------------------------------------------------------

・・・ダイビング後は必ず食欲がわくけれども、あれは何故なんだろう。
周囲のダイビングをする方々も潜った後は皆ガツとご飯を平らげているので、
どうやら自分だけの症状ではないらしいしなあ。
本来、体をガシガシ動かしたり力んだりせずに、リラックスしてゆっくり呼吸をしながら行う活動のはず。
なのにビギナーから上級者まで、潜った後は覿面に御飯が進むのは何故なんだろう・・・ううむ。
飲み食い好きとダイビング好きって重なる特性を持っていることが多い、とかのかな、謎だ。

--------------------------------------------------------------------------------
[PR]
# by ukeru3 | 2007-10-09 21:30 | ダイビング・シュノーケリング

→→→衣替え→→→

10月1日をもって衣替えが終わりました。
旅行用のキャリーバックに収納しておいた長袖シャツを出してきてハンガーにセット。
半袖はクリーニングに出した後、入れ替わりで空いたキャリーバックに詰め、押入れ上段の奥へ。
旅行に行く時以外は使わないバックなので、狭い一人暮らしのスペースを活用するために箪笥代わりにしています。
夏冬用別に専用の衣装ケースを設置するのもメンドクサイですしね。

久々にするネクタイの圧迫感もなんとなく心地いいです。
最近の出来事を備忘録として幾つか。

--------------------------------------------------------------------------

ダイコン
中古ながら念願のダイブコンピューターを購入しました。
今年の冬は旅行に行く予定なので出費は抑えたい、最短でも購入は来年の夏のボーナスで・・・と計画してましたが。
使用品で価格もいいものがあることをダイビング先輩から教えてもらい、予算内だったので思い切って入手しました。
毎年この時期は新しい時計を買うか買わないかで悩むのが常でしたが。
今年はスーツも時計も買わずに、ウェットスーツとダイコンです・・・それもまた良しです。

バイク故障
購入2年を過ぎて初めてMAXAMにトラブルが起きました。
ブレーキレバーを引いてスタータースイッチを押してもエンジンが始動しない。
説明書を見ながら恐る恐るフロントのカバーを取り外し、各ヒューズ類を抜いてチェックするも問題なく。
(内は配線や電源が複雑に配置されており緊張しました、文系人間にはいい勉強になった面も。)
お店に電話して聞くと、バッテリーが上がっているのではないかとのこと。
結局、購入後24ヶ月点検も兼ねて、自宅まで取りに来てもらうことになりました。
キャンプ出発時の自宅でのトラブルでよかった、出かけた先で止まってしまったら笑えなかったな。

味醂干
月一で参加しているキャンプで、今回は秋刀魚の味醂干とイカの一夜干に挑戦してみました。
秋刀魚は背開きにして、味醂・醤油・砂糖にしっかり漬ける、その後ゴマをまぶして夜の間干す。
イカは中心で開いて、たて塩に数十分つけ、夜の間干す。
前回の鯵の一夜干し同様、いたって簡単なレシピなのですが、翌日朝食に焼いて食べると、
どちらもしっかりと味がしみていて、一加工しましたゼって感じの美味しさでした。
特に味醂干は複雑な味付けをしなければならないイメージがあったけど、意外とシンプルに作れるんだな。
次回はより大型のサバを開いて味醂干に挑戦してみよう・・・。

LOST
友人に薦められてみはじめました。
大作とはいえ、所詮テレビドラマ、レンタルしてまで見るものではないかな、と敬遠していました。
しかし一度見てみると、逆にテレビ連載物としてのキャッチーさに引き付けられて一巻ずつ見てしまっています。
過度に過激だったりミステリーに傾いたりせずに基本は人間賛歌(JOJOみたいだな)なストーリーで。
時々の気分に干渉することなく、継続して楽しみながら見続けられるのがありがたいです。
見ながらの一杯が、最近の寝る前のちょっとした楽しみになっています。

伊豆のひじき
先々週、伊豆に行って宿で食べた時の噛み応えの良さにひかれて買ってきました。
水で戻したところ3~4倍、市販のものに比して太さも1.5倍程度のひじきが、ザルにずっしり。
人参と油揚げと竹輪を加え、だし汁と醤油と砂糖で30分ほど煮込んでみました。
ネットで調べたレシピでぶっつけ本番に作っってみたところ、≧デパ地下のお惣菜コーナー(※自己採点)な仕上りでした。
晩酌のお供にと、3回に分けて煮込み、小皿に盛っては食べているうちに、10日ほどで買ってきたひじきは完食。
惣菜的なものなら、大量に作っても数日間は飽きることなく食べられるし、味も日ごとになじんで美味しくなるし。
おでんに続き、ひじきの煮付けも、意外と一人暮らし向きの料理であったんだな、とちょっとした発見です。
c0022347_22465193.jpg





--------------------------------------------------------------------------

気温はすっかり秋本番といったところです。
ここ数日の仕事の外回りと、先々週の伊豆行きの影響で、微妙な日焼けが継続したままだったりしますが。
どうせ基本は長袖になったこと、気にしない、気にしない・・・。
[PR]
# by ukeru3 | 2007-10-02 22:51 | その他日常

美味しい国・・・

~決戦の機は熟した~
選ぼうニッポンのうまい!2007

懸賞なんて、と数年前にJINROの商品券応募したきりで(結局ハズレ)あまり興味なかったけど。
こればかりは大好物に一枚はついてくるから、こつこつ集める感が楽しくてついつい長続きすること数ヶ月。
ちょっとした「大人のベルマーク(?)」感があって、気が付けばぐびぐび、貼り貼り。

小心者なため、余裕をもって締め切り前日の27日にハガキを送りました。
12枚のハガキ・・・シールとセロテープをキッチリ張ったので、万一の重量超過が心配で、
シールびっちりの恥ずかしさを抑えつつ郵便局の窓口で出してきました。
(結局どのハガキも50円でOKでした、当然といっちゃ当然だけど。)

内訳は・・・

つきだしの部
岡山 鰆のタタキ ・・・・・4口
京都 丹後とり貝 ・・・・・4口
福岡 辛子明太子 ・・・・・4口

メインの部
岐阜 飛騨牛  ・・・・・8口
熊本 くまもと黒毛和牛、ひごあか牛・・・・・8口
愛知 一色産うなぎ・・・・・8口

〆の部
秋田県 比内地鶏水炊き・・・・・4口
鹿児島 奄美鶏飯・・・・・8口

の計48口です、結果はどうなることやら。
所詮は懸賞なぞと言ってるけど、11月半ばになっても何も音沙汰なかったら微妙に凹みそうな予感。

応募券が6枚1口であることを考えると、ウェストの若干の負荷の理由にたどり着きますが(泣)。
当たった際にはそんなことは忘れて、屋形船の佐藤浩市気分で豪勢に飲み食いする所存っす。
[PR]
# by ukeru3 | 2007-09-27 22:35 | Bグル・お酒・自炊

無坊・たきたろう

たけにぼが武蔵境通りから調布駅前に移転してからほぼ10ヶ月。
なんやかんや言っても不便を感じることが多いな・・・。

ラーメンに関しては、ジャンルによる好き嫌いは特に無い(=雑食)身です。
ただ、そこは日本人、どうしても公算的に魚介ダシの加わったものを食べたくなる確立が多い・・・。
(たけにぼはそういった欲求に目ざといまでに切り込んで成功したお店な訳ですが。)
古典的な春木屋的なものから、いわゆるニューウェーブ系(?)まで。
特に時系列は問わず、個人的なストライクゾーンに入ってきます。

そんな気分の時、最近しばしば、無坊とたきたろうに食べに行っています。
両方とも、広い意味でたけにぼ同様、魚介ダシ+豚鳥出汁のお店ですが、
たけにぼに比して、合わせたスープは魚介ダシに極度に振ってはいない感じです。

無坊    = 塩味濃い目、荒削り、スパイシーさあり、麺はワシワシ
たきたろう = 油は多いが調和感あり、食べ進めると美味しい、若干平打ちの麺はツルツルで程よい噛み応え

基調路線が和風なためか、変に突出せず丁寧に下準備されている具も万遍なく美味しいです。
無坊の山くらげと叉焼、たきたろうの叉焼は結構ツボを突いてくるな。
特に後者は、単体でも美味しいけど、過度に主張しすぎたり、脂っこすぎたりしないところでとどまっているのがいいです。
両店とも近くに住んでいる身としては、必然的にリピーター率は高くなります。

中央線の三鷹⇔国分寺間はしばしばラーメン不毛地帯と言われますが。
それはあくまでS級・A級の、話に広く取り上げられる、いわゆる有名店、が少ないということ、だよな。
こつこつリピートし食べて行きたい、というか繰り返し行ってこそ、と思うお店の比率は結構高いかも。
その中に、魚介ダシを主な要素としているお店が多いのも、嬉しい偏りなわけです。

近いうちに、前通りかかった時にはスープ切れで暖簾下ろしていた久我山の甲斐にも、改めて食べに行かなきゃな・・・。
[PR]
# by ukeru3 | 2007-09-20 22:04 | Bグル・お酒・自炊

ウェットスーツ

夕方、注文していたウェットスーツが納期どおりに到着しました。
秋口~年末年始にかけて潜る機会が多そうだったので。
何回も借りることが確定しているなら、レンタル代もそれなりにかかるし、
この際思い切って購入することにしました。

今年設定した目標の一つとして、ちょっといい冬物スーツを一着買う、というものがありました。
毎度の事ながら半ば思いつきで設定したいい加減な目標だったわけですが・・・。
まだまだ、三十路に突入してないわけだし・・・。
第一、ちょっと考えれば、いいスーツに似合うようなシャツもネクタイも時計も無い我が身(笑)。

c0022347_23423625.jpgと、納得させ、その分の取り置きは、待望のウェットと旅行費用に流用することにしました。
スーツは2年後に先伸ばしでいいや、30歳の誕生日迎えてもウェストが増えてなければ・・・。
その時改めてバーバリー(?)のスーツでも買うことにしよう。
多分このままずるずる買わない(買えない)可能性が濃厚な気もしますが・・・。

採寸箇所が30箇所近くもあるのを、友人達に協力して図ってもらいオーダーしました。(その節はお世話になりました。)
よく病院モノであるスキャンみたいに、自分の体格の概観がつかめて面白かったです。
健康ではあるが・・・どうにもメリハリに欠ける嫌いが・・・正確に言うとメリが皆無でハリはそこそこ、ううむ。

届いたものを試着してみると、流石にサイズは上々。
シャワー無しでもピタッと着られたので、体の特徴どおりに合っているのでしょう。

スーツが過度に縮むか、本人の体積が増えるか。
そういったことが無ければな・・・。
繰り返し使って&潜って行きたいものです。
[PR]
# by ukeru3 | 2007-09-03 23:51 | ダイビング・シュノーケリング

サーバー出動

むむむ、先日は3年半ぶりに熱を出してしまい、寝込んでしまいました。
金曜日の外回り時に雨に打たれてしまったのが原因かな。
久々の熱だったのでなんか体が変だぞと思いながらも、事情がつかめず。
体温を測ってようやく倦怠感の原因に気づきました。

すっかり熱は下がったものの、おかげでせっかくの土曜日の昼をふいにしてしまいました。
予定していたBBQは欠席、温泉にはつかれず・・・なんともいえない不完全燃焼感(泣)。

熱も去った今となっては、このまま一日を終えてしまうことに敗北感を覚えるな。
なにか自分の中で盛り上がることを一つはせねば、今日は無為な一日になってしまう。

なにかないものか。
・・・そういえば、押入れにあれあったっけ。

数ヶ月ぶりの出動だけど、今日はどうしてもあれのお世話になりたい気分。
セッティング方法忘れてるけど、説明書は本棚のケースにしっかりとしまってあるのだ。

c0022347_23513378.jpg通算4回目のキリン樽生サーバー出動。
以前ドンキにて買ったジョッキ(大)も押入れの奥から出してきて冷凍庫にスタンバイ。
餃子とエイヒレも我ながら中々の焼き具合で同じくスタンバイ(笑)。

プハー、単純な自分としては、のど越しを痛快に感じ、ジョッキの重さもまたいいです。
頭の中では、これはあくまで色物で、雰囲気の産物に過ぎないって言うことは重々承知しているんですが。
ありきたりの晩酌にオマケが加わった感じでちょっとした満足感。
ダメダメな一日だったからな、ささやかのものでいいから、景気付けが欲しかったのです。
屋台の料理ではないですが、堅実さじゃなくて勢いが欲しかったんすよ。

返却日が迫ったツタヤのDVDを見ながら、サーバーでつぎつぎ飲んでいます。
なんかちょっと前の杉田かおるのCMを笑えない感じですが。
たまにはこんな週末もいいかなと、思うことにしよう・・・。


--------------------------------------------------------------------

気になっていたサッポロビール園のジョッキ、そろそろ実際に注文しようと考えていますが。
「大」ジョッキ(1000ml)「小」ジョッキ(520ml)しかなく、迷いを生じる実に罪なラインナップで困ってます。
このサイズ比準だと、600~700ml台の「中」があれば、ロング缶ばかり買う自分としては丁度使い勝手に合うのになあ。

ジョッキなのに「小」とは如何なものか、という、しょーもないビール飲みの沽券(あわわ)もあったりして。
かといって、1000mlを埋めるためには大ビンでも足りないし、
便宜上500ml缶を2本つぐのもご法度の継ぎ足ししてるみたいで嫌だしな。

どうしよう、デザインの色の好みは「小」だしなあ、ここは堅実に「小」を注文しようかな・・・。
[PR]
# by ukeru3 | 2007-09-01 22:55 | Bグル・お酒・自炊

summer sonic 2007  雑感

先々週、一年振りにサマソニに行ってきました、通算3回目です。
リキャンプ帰りで疲労もあったので、昼ごろからの参加でした。

今年は前2回のようにRadioheadやNINみたいな圧倒的なトリは無いフェスでしたが。
全般的に粒ぞろいで楽しい一日でした。
個人的にARCTIC MONKEYSは好きだけどトリとして見たいバンドではないかもと思い。
今回は最後はDJ SHADOW & CUT CHEMISTで〆ました。
彼らはロックフェス、という前提からは距離がある、DJ競演といった趣の独特のステージでしたが、
普段DJものを聞かない自分としてはなかなか新鮮でした。
(DJ SHADOWは3枚目までは愛聴しているのですが、コテコテの「DJ」としての作品は殆ど聴いていない。)
スクラッチやループの方法について、最初解説ビデオみたいなものもスクリーンに流してたし。
孤高の人的なイメージのあったDJ SHADOWのフレンドリーさにちょっと驚いたりもしました。

今回の流れは・・・

MSTRKRFT
CYNDI LAUPER
BLOC PARTY
UNKLE
DJ SHADOW & CUT CHEMIST

UNKLEは初めて聞いたけど思わぬ発見だったなあ、CD買って聞き込まなきゃだゼ。

CYNDI LAUPERは高校の頃しょっちゅう聞いていたことを思い出して思わず
目頭が熱くなってしまいました。
エキセントリックだけど純粋といった佇まいに貫禄が加わった感じで、
変わること無い声量と情感に思わず拍手・拍手。

ライブの合間にはハマカーンやタイムマシン3号のステージも見られたし。
(いかにもアウェイな雰囲気の中での漫才だったけど、お笑いも生で見れるなんて贅沢だよな。)
様々なジャンルのご飯の屋台や、シャトルバスの運行も、毎回洗練されているようで快適な会場でした。

これまで行った2回のサマソニはトリのライブが素晴らしくて。
(明らかにフェスの一部といった内容ではなく、単体でも十分に正規の値段払って
見に行きたいと思わせるような圧巻のステージだった。)
帰りの車の中でも半ばその盛り上がりを引きずっている状態でしたが。
今回はいい意味で楽しみが満遍なく配置されたフェス的なノリであり、夏の一日を幕張で楽しめた感じでした。

これまでは決定的に見たいバンドが無ければ行きませんでしたが。
来年以降はそれほど出演者にこだわることなく行ってみようかな。
隅田川の花火も浅草の祭りも高円寺の阿波踊りもいいですが。
地方出身者自分としては、やっぱりサマソニが一番しっくり来る夏のお祭りなのかもな、と思った一日でした。
[PR]
# by ukeru3 | 2007-08-25 22:57 | 音楽・映画・お笑い・ゲーム

Tシャツも悪くない

ここのところTシャツをちょくちょく購入しています。
当たり前で、今更なんですが、手軽で便利な夏用の上着であることを改めて実感しまして。

軽いTシャツ嫌いが入っていた自分。
Yシャツ等の下に着る、下着としてのシャツは沢山持っていたのですが。
Tシャツだけ着るとなるとな・・・。
単品で着るものだから、どうしても否応なくメタボ感を強調してしまうようで(泣)、なんとなく気に食わない。
そしてなによりも、洗濯を経ると直ぐに形がだれてしまいそうで、耐久性が低い印象があるし。

月~金はどうせ一日の多くはスーツか仕事着なので、休日の服なんてさほど気にしなくてもいいしね。
という典型的なダメサラリーマン的思考も加わり・・・特にTシャツは持つ必要ないんだよな。

しかし、ふとした機会に、着ているうちに、案外着心地がいいことに気付いてしまいまして。
バイクに乗るにも、キャンプに行くにも、ふらりとジムや打ちっぱなしに行くにも
(本当のゴルフ場では厳禁ですが)シャツ+襟付きよりも遥かに楽で、非常に快適。
一度着慣れてしまうと、利便性には抗しがたいものがあります。

洗濯による型崩れは、洗濯ネットである程度は防げるらしいし。
メタボうんぬんに関しては今後の努力次第ということで。
ちょっとづつTシャツ保有数を増やしていければいいな。
ライブやダイビングに行った先で気に入ったデザインがあれば買いためていくのも楽しいかも。

ご存知の方も多いとは思いますが、Tシャツのたたみ方の動画です。
How to fold a tee-shirt perfectly
一見手品みたいに感じましたが、動きはいたってシンプル。
この方法を覚えると、面倒な洗濯後の取り込みもなんだか楽しくなってくる気が・・・。
[PR]
# by ukeru3 | 2007-08-15 22:01 | その他日常

リキャンプ(2007)

今年もリキャンプに行ってきました。
キャンプとはいっても、テントや野外炊事等のある、いわゆる「キャンプ」ではありません。
大学時代に参加していた遊びサークルのメンバーが、現役学生、卒業生の区別なく8月に集う行事です。
那須にある大学の保養施設、というと聞こえは立派ですが。
実際は大学が古いサナトリウムを買い取ってできたぼろっちい宿発施設に泊まりながら、
2泊3日の日程を遊びたおして過ごすという行事です。

慣れないレンタカーを交互に運転しつつ友人達と参加してきました。
金曜日は予定通り夏季休暇をいただけたものの。
日曜日はサマソニと重なってしまったな。
無念にも今年は一泊二日での参加になってしまうけれど、その分楽しもう。

今回の一泊二日の中、自分が参加できたプログラムは。
室内ゲーム、友人達のライブ、開けた路上で星見、光線銃対決、キャンプファイヤー、
しっとり室外トーク、水遊び、流しそうめん、等々。
保養施設内では、他にも同時並行的に幾つかの楽しそうな遊びが行われていた模様でした・・・。

事前に特に決まったプログラムや時間割りは最小限度のもので。
自然発生的に参加者が企画を持ち寄り、毎年の事ながら結果的に一日がびっちりと埋まることになります。
動く量が多いせいかな、飲み食い量は毎日以上なのに、毎回参加後体重は通常時をキープ(笑)。

多分今頃も最終日まで参加の方々は遊び倒しておられることでしょう。
まさかサマソニと日程が重なろうとは・・・・・無念です。
12日の幕張はBLOC PARTY、KASABIAN、DJ SHADOW & CUT CHEMIST、CYNDI LAUPER(!)等々、充実の布陣ですが。
ちょっとした悔しさを感じてしまうな、来週末休みなくてもいいから、今週末こそが重要。
どちらにもフル参加したかった・・・。

ダメダメ&いい加減な身としては、長続きしない物事が非常に多い中。
リキャンプ参加だけは学生時代から続いており、今年で連続8年目になります。
無念ながら、初の途中退場でしたが、今回も充実の楽しさだったことに変わりはなかったです。
なんか自由な場の雰囲気に、心地よく過ごすことを許してもらっているかもな、としみじみ思いました。

帰りに宇都宮に立ち寄れず、食べる機会を逸した餃子をコンビニで買ってきて、晩酌中です。
来年は保養施設にカキ氷機をもっていってパーティしたいな、等々、妄想しつつ。
[PR]
# by ukeru3 | 2007-08-11 23:55 | その他日常

一夜干

武蔵五日市で月1で開催されているキャンプから帰ってきました。
今回は行き帰りともに五日市街道が空いており快適なドライブで。
開催一周年記念ということで気合の入った料理、盛大なファイアーや川遊びを堪能してきました。
毎度ながら企画・料理・工作、等々、多彩なキャンパーの方々に感謝です。

しがない平事務員の身ではありますが。
参加するたびに、なんだか月一で行ける郊外の別荘を持っているような錯覚をおこしてしまいます。
心地いい気分の洗濯ができる週末。
必要なのはスクーターと手ごろな実費だけというのもなんだか痛快です。

毎回、新しい野外調理のレシピや、初めて調理する海産物がある(そして大抵成功に終わる)
ことも魅力なキャンプなのですが。
今回、試験的に魚の一夜干に挑戦してみました。
夏だし風通しもよさそうだし。
何よりも一人暮らしなので、家では魚を思う存分焼けない面もあるし。
これはキャンプで、屋外で、試してみるのに絶好な調理法なのではないか・・・。

ネット等で調べたレシピを総合しつつ、実践へ。

①魚を腹開きにし、内蔵や血合いをしっかりと洗い落とす
②立て塩(海水と同じくらいの塩運濃度)の水に30分程度つける
③水分をペーパー等でふき取とる
④4~12時間程度、直射日光の当たらないところで干す

夜のうちに、下ごしらえをした鯵を、グリル用の網にザルをかぶせた即席台に干し、翌朝まで放置。
2日目の昼飯時に焼いて食べましたが・・・ううむ、これは美味しい。
生の鯵を開いて焼いたものに、明らかに一つ風味とこくが加わった感じなかなかでした。
時間はかかりこそすれ、手間はそれほどかからないし、味も良い。
これはずぼら者にはぴったりな調理法な予感(笑)。

次回のキャンプは9月後半の予定なので、今回の経験を元に美味しそうなイカと旬の秋刀魚を。
それぞれ、軽い一夜干し(イカは塩分を吸い込みやすいので塩水に漬けるのは短時間でいいらしい)
とミリン干(油の乗った秋刀魚とゴマを用意しよう)にして。
秋に新発売されるであろう各メーカーの期間限定ビール群を片手に。
のんびりと週末を過ごそうと考えています。
[PR]
# by ukeru3 | 2007-08-06 00:10 | Bグル・お酒・自炊

梅雨明け!

今日は待ちに待った梅雨明け。
今年は早々に小笠原行きで休みをいただいたこともあり、夏は遠出する予定はありませんが。
近場でのキャンプやダイビングやショートコースで、週末は夏を地道に安価に楽しめそうな予感。
ご無沙汰している鯉釣りやエビ釣りもぼちぼち再開したいな。
なんか、心なしか、今日の晩酌はビールがいつにも増して美味しいです(笑)。

両親には日程的に今年の夏はダメ息子の帰省は無い旨を伝え了承を得ました。
相変わらず多忙そうな人たちだし、特にお盆にこだわら無くてもいいとのこと。
11月あたりに双方の日程を合わせて帰省することにしよう、
尤もその時は両親のほうが忙しいということで断られるかも知れませんが(笑)。

----------------------------------------------------------------------

最近の生活の中から備忘録的に2つ・・・

ヘルシア緑茶
特保のあのお茶です。個人的に濃い苦い味が大好きでよく飲んでいます。
純粋に味が好きで飲んでいるのに、なんとなく「君も気にしてるんだな」的な目で見られるのがツライところです。
朝キンキンに冷やしたやつを職場に持っていくのが好きなのですが。
スーツ着て歩きながら飲んでいると、申し開きすら許されない感じで更にツライです。
そういうんじゃないんだよ、あの苦味がイイんだよ。
と思いながら何気なくラベルを見てみると、熱量14kcalとありました・・・お茶なのに。
コカコーラZEROよりカロリーあるんだ・・・別になにかを期待していたわけではないですが。
なんだか微妙に裏切られた気分(泣)。

選ぼうニッポンの美味い!2007
一本目(だけ)はヱビス、二本目以降は機能性発泡酒(大抵麒麟のグリーンラベル)な毎日です。
麒麟の缶に付いてくるシールは、分別が面倒だな、ぐらいにしか思わず捨ててました、ここ数年間ずっと。
先月、シールを集めている友人から今年のキャンペーンの商品が結構魅力的なものであることを知り。
(今思い返せば佐藤浩市がCMで所変え品変えビールと共に特産品を食べまくっていた気が、無関心って恐ろしい。)
先々週から遅まきながら台紙をコピーして、シールを貼り付けています。
なんだか、往年のベルマークを思い出して結構楽しいです、早くも14口たまりました。
まだ締め切りの9月末に向かって応募口はどんどんたまりそうだし、丹後とり貝、奄美鳥飯、あたりから攻めていく予定です。

脈絡のない話ですが。サントリー金麦のCM
あれは如何なものなのか、家で清楚な美人の奥さんが待ってるっていう設定自体はいいんだけど。
一仕事終えた時ぐらい、一杯目ぐらいは発泡酒じゃなくても良いんじゃないのか、それじゃあんまりじゃないか。
・・・・・と声を大にして言いたい
むしろ、どことなく庶民派なモルツCMと設定を入れ替えたほうが良いのでは、と思って見ています>サントリー。

----------------------------------------------------------------------

なんだか飲み物関係のメモだけになってしまいましたが(苦笑)。
せっかく好天が続くこの時期、週末を大切にしつつ。
趣味等の経験値を一つ一つ増やして行きたいものだ、と考えています。
[PR]
# by ukeru3 | 2007-08-02 23:08 | その他日常

日帰りダイビング@伊豆海洋公園

ううむ、金曜日は仕事が不意に長引いてしまいました。
そして日曜日も出勤がはいっているしな。
かといって中日、変に家でごろごろ休んでしまうと逆に疲れは溜まるもの、経験則上。

むむむ、天気予報も晴れで、風も穏やかな久々の週末。
思い切って細々と計画していた一人伊豆(小)旅行を強行しちゃえ。

前回友人夫婦に連れて行ってもらった際に大体の道は覚えたので。
今回は起点を小金井とし、高速道路には乗らないという条件で、Maxamで午前4時に出発。
東八道路→甲州街道→国道16号→同1号→同135号→真鶴道路→熱海ビーチライン
→国道109号、という一般道以上、高速以下の流れの道路で移動。
メーターによると家から城ヶ崎までは152キロ。
到着はダイビングショップに予約しておいた8時半の少し前につきました。
平均時速40キロぐらいは出ていた計算、渋滞もなかったし、海岸沿いの景色もよく、上々のドライブでした。

お店はいくつか教えてもらった中から、ネットで検討してルビーナにしました。
家を改造した感じのアットホームな感じのお店で、ネコとオウムがいました。
無実なのに動物に良く吠えられる(泣)身としては、おとなしい一匹&数羽で、ほっ。
そして電車&渋滞で遅れてくる他のお客さんを待ちながらしばし仮眠、寝不足だっただけに、これまた、ほっ。
今回はカード取得以来、初めてのダイビング個人参加でした。
緊張しながらお店の人に経験本数を伝え、前もって器材を送り、ウェイトの希望を伝え・・・。
なんか初めてのお使いを笑えないレベルの初心者&小心者な自分(笑)。

本日のポイントは海洋公園とのこと。
同じく個人参加の方々に混じり、藤沢から来ておられる同程度の経験本数の方とバディを組んで器材を準備。
噂には聞いていましたが、凄い人手だな、冗談ではなくて本当に、城ヶ崎周辺で一番人口密度高いかも・・・。
施設も充実してるし、シャワーも更衣室も機材洗い場もしっかりしてるし、
なんかダイビング・テーマパークのような感すらあるな。

海況はといえば、前回来た富戸同様、晴天で波は穏やかで透明度もそこそこ。
今回の伊豆も当たり(?)な予感。

2本ともビーチで、少々泳いだところからエントリーし、深みのある瀬を中心に回るコースでした。
個人的に寒いのには少々耐性があることもあり、水温も特に苦にならず。
突然出現するカスザメやカミソリウオ、それに泳ぐアオリイカらに驚いたり、
アジやネンブツダイの魚群に遭遇したりしました。
全般的に、予想以上に魚の数、種類、共に充実しておりログをつけるのが大変なくらい。
鮮やかなウミウシが多数いたのも面白かったです。
シロウミウシとかキイロキハダウミウシ等々、意外と貴婦人(?)な感じ、動き方はウニウニしてたけど。

(自分にとっては)深く感じる20メートル後半の深度の傾斜を含めたコースは非常に周り応えがありました。

今回実感したことは・・・

・タンクの重さは非常に重要。
 スチール製なのでウェイト1㎏減らしますね、と言われて半信半疑だったけれどすんなり潜行できました。
 ウエットの厚さとか、タンクの素材とか、そういったものと浮力との関係は、
 一つ一つ経験して覚えていかなきゃいけないんだろうな。

・BC、ウェイトベルトはしっかり体に固定しておかなくては。
 これまでは、とりあえず器材を順番どおり体に付ける、ということで一杯一杯だったけど。
 ただ着るだけではなく、体にフィットする用にしっかりと装着せねば。
 現状では、器材のゆれも、体のふらふらの一因になっている気がする。

両方とも、冷静に考えれば当たり前のことなのですが、これまで実感を伴っていなくて。
20本到達を機に少しずつ改善できていきたいものだ、と思ってます。

心地よい疲労感を持ちつつ、行きと同じルートで小金井に10時ごろ到着し、軽く晩酌しました。
疲れからか、ちょっとした充実感からか、ビール数本ですっかりほろ酔い気分・・・。
出勤前の日としてはある意味、ベストな状態かも(笑)、飲みすぎ無しでぐっすり眠れそうだし。

次は8月後半にまた伊豆に行こうかな。
次回は日帰りではなく週末の宿泊も絡めて、もっと複数回のダイブを経験できる日程にする予定。
[PR]
# by ukeru3 | 2007-07-30 22:35 | ダイビング・シュノーケリング