<   2007年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧

新年度へ

先日、職場の人事異動が発表になりました。
就職以来、今の職場で4年経過、そろそろ異動があるものだろうと覚悟していました。

今の部門には慣れているし、仕事も張りがあるけど、当然ながらそれなりに責任も重くなってきている。
新しい職場に惹かれる面も、一から積み上げ直しではあるけど、若いうちに場数を踏むに越したことは無い。
どっちになるんだろう、と久々の高い緊張感を味わいながら課長の言葉を待っていましたが。
結局、自分の名前は読み上げられず、残留決定、現在の職場で5年目突入になりました。
同時に、来年度からは人件費削減のため係の定員一名減決定、お世話になった上司2名の退職も重なり、
職場の雰囲気もぐっと緊張した感じ。

4月からは、業務において、一昨年に続き、また新規配属の方とペアを組む様命じられました。
異動はなかったけれど、業務内容・人間関係は確実にガラリと変わりそうです。
そういった意味では、春らしい、変化に富んだ新年度を迎えることになりそうです。

どんな一年になることやら。
少なくとも後から見て、充実した年だったと感じられればいいし、そうなるようにしたいな。
思いつくままに、公私関係なく10個、数日後に迫った来年度の目標(?)を箇条書きにしてみました。

------------------------------------------------------------------------------------

① まず、なにを置いても毎日の業務を責任もって確実に・正確にやり遂げる。
  その中で4年間の間に気づいた業務上の問題点を、丁寧に、かつ慎重に改善していく、一つずつ。

② 体調管理は万全に、とくに飲酒は適量を心がける。
  うう、これが一番難しそうだな、ガンバらなくては。

③ 改めて、日常の一つ一つの行動を丁寧にこなさなきゃ。
  家事は計画的に、掃除は定期的に、食料品の買い物は適量に、手帳はこまめに、メモは丁寧に・・・。
  一人暮らしはじめてほぼ10年たつけど、この分野は考えるたびに、反省点ばかりが思い浮かぶな。
  一度に全部は無理だろうけど、徐々に改善、予定。

④ 今年中にあと3キロ、体重を落とせれば・・・・・いいな。
  減量が(できれば秋ごろまでに(笑))達成できたら、久々に冬物スーツを新調する。
  2年前以来普遍の、春用×2、冬用×2、夏パンツ×2のローテーに一着加えたい、
  できればライトグレーのものを一着。

⑤ 夏には浴衣を、冬にはスキー用具を購入したい。
  決して高いものではなくとも、季節感のある買い物をして、長い間大切に使いたいな。
  特に浴衣は着て外出したこと自体無いし、今年度こそ一着は和風な服が欲しい。

⑥ 現在1万2千キロのMaxamの走行距離を2万キロ前後まで伸ばしたい。
  長距離旅行でなくてもいいから、銚子の朝市とか、館山の海岸とか、日光の紅葉とか、
  気軽な小旅行の引き出しを幾つか作ってみたい。

⑦ 鯉釣り以外に、テナガエビ釣りにチャレンジする予定、新しい趣味の一つとして取り込みたい。
  多摩川の河口付近の汽水域でも釣れるらしい!調べてみると5~7月がシーズンとのこと。
  エビとの駆け引きをを楽しんだ後は、持ち帰っておつまみにできたらベスト。

⑧ ダイビングとスキーとゴルフの経験値をマイペースに増やしていきたい。
  どれもこれも息の長い趣味だと思っているので、そういうところに惹かれたので、一年に数日間でも結構。
  焦らず、定期的に楽しんでいきたいもの。

⑨ 音楽と映画で新規開拓を進めて行きたい。
  最近とみに滞っています、今年はサマソニ行く予定だし、積極的に新しいバンドを聞いて行きたいな。
  ネットするとついつい時間を使ってしまうけど、せめてバックでは新しい音楽を常にかけておきたい。

⑩ 料理のレパートリーを増やしたい。
  おでんブーム以後、これといって作っていない煮物系の料理を作ってみたいな。
  あと、料理といっていいかどうかは微妙だけど、果実酒作りに一度トライしてみたい。
  先週部屋の掃除をした時にできた押入れカドの開きスペース・・・これは梅酒作りにぴったりではないか(笑)。

------------------------------------------------------------------------------------

思いつくままにあげていったので・・・後半はどうしても願望(?)の列挙になってしまった感も(笑)。

本当に、どんな一年になるんだろう。
やるべきことは無事にやり終え、気づいた時には自分の生活の幅もちょっと広がっている。
一年後にそう思えていればベストなのですが・・・どうなることやら。
[PR]
by ukeru3 | 2007-03-29 23:03 | その他日常

スキー旅行@万座・菅平

この三月、後半は少々スキーづいていました。
3週目の週末は万座へ、この週末は菅平へ。
それぞれ友人達と一泊二日でスキー旅行に行ってきました。
一シーズンに4回のスキーというのは28年間の人生で初です。

一昨年までは、スキー旅行といっても、旅行中肝心のスキーが占める満足の比率は
それほど高いわけではなかった気がします。
正直なところ、日中のスキーは30%程度の重要度で。
友人達とわいわい旅行する楽しさが30%、加えて、体動かした後のビールと宴会料理で30%。
最後に雪国観光が10%、旅行完了、一年に一度行けばいいか、風物詩みたいなもんだし、といった感じでした。
それはそれで楽しかったんですけどね(笑)。

それが、一昨年、職場のスキーの達人の方に連れて行っていただき、
滑りながら親切にアドバイスをしていただいたのを機に。
万年まったりボーゲン派から一歩先に進んでみたいな、という前向きな思いが出てきました。
以降、相変わらず毎回滑るごとに戸惑うことばかりですが、スキーで滑ること
自体を楽しいと感じられる比率が明らかに増えてきまして。
旅行中の他の楽しみは保持したままで、スキー自体の楽しさが大幅に増、
温泉も苦手ではなくなったとあって更に加算、スキー旅行の楽しさの総量が大きく増えました。

旅行の企画してくれたり、スキーのアドバイスくれたり、共に楽しく飲み食いしてくれる
友人達が身近にいてくれたおかげでもあります、多謝。

この2回の旅行で気づいた反省点として・・・

・まだまだ体が内倒気味であること
 (意識しているときは直りかけても、他の事に注意するとついつい忘れてしまう)

・ブーツを通したスキーへの力のかけ方が重要であること
 (これまでは全く無頓着だった、足裏への体重のかけ方、スキー板への加重の仕方についてもっと練習せねば)

等があります、来年シーズンまで覚えていられるか・・・また思い出しつつ、毎年少しずつ上達できればいいな。

個人的に、趣味や関心ごとが暖かい季節に多く偏っており、冬場はついついインドアで行動力が落ちてしまうだけに。
冬場に体を動かす楽しみができたという嬉しさも大きいものがあります。

来シーズンはもっと早くからスキー旅行に行きたいな。
頭に浮かんだイメージににそって体を動かす運動センスが無いだけに、
実際に何度も繰り返し滑って練習したいものだゼ。

そしてやりくりに余裕があれば、来シーズンは、自分用の板とブーツ買っちゃおうかな。
[PR]
by ukeru3 | 2007-03-25 19:43 | その他日常

X (Japan)

c0022347_2121175.jpg久々に音楽関係についてということと。
かつ対象が自分が中学~高校時代に聞き込んでいたものであるということで
少々気恥ずかしくもありますが、最近しょっちゅう聞いてます。
X(Japan)についてです。
日本独自のジャンルであるビジュアル系の先駆けとして語られることも多い日本のバンドです。
(当時としてはHIDEだけが先に行っていた印象があるけど)


ちょうど自分が中学・高校の頃に最盛期を迎えており。
大学に入った頃には、もはや国内では押しも押されぬスタジアムバンドというか、
ある種の安定期(衰退期?)に入った大御所的な扱いを受けていたように思います。

同年代のご多分に漏れず、最初に自分が購入したアルバムは、
中学の英語の先生が授業前に欠けていたBryan Adamsの中期のアルバムと、
当時人気絶頂だったXの「Jealousy」でした。
当時持っていたものはだいぶ前に中古屋で売り払ってしまいましたが。
最近YouTubeでライブ映像を見て自分の中での人気が俄然として再燃。
ついついアトランティック時代のXのボックスセットを買ってしまいました。

僅かばかりの気恥ずかしさや、タイムラグ感は否めないものがありますが。
・・・やはりXはいいっスね、我ながら充足感の高い大人買いでした(笑)。

当時は曲もXが押し出すままに受け取っていましたが、
今改めて聞きなおしてみるとまた新しい印象が。

・外見は(当時としては派手だったけど)、音楽的には基本的に真面目でカッチリしたバンドだと思う。
・ハードロック、メタルといった括りよりも、構成の大きな曲はむしろプログレっぽい。
・ベタを通り越して歌謡曲的な曲も多いけど、ドラムと高音ボーカルで最後まで押し切ってくれるところが逆に気持ちいい。
 (多分、X以外のビジュアル系、と呼ばれる国内のバンドに全く興味がわかなかったのはこの面が大きいかも。)
・TOSHIのMCが凄い、「全員でかかってこいよ!」「お前ら元気にやってるか!」「最高の夜にしようぜ」等々、「和」全開(笑)。
・ドームのライブでもスクリーンの使用は申し訳程度で、主に演奏と照明で見せる展開がいい。
・ベタなインスト曲なら、坂本龍一よりもYOSHIKIの方が個人的には好きかも。
・Xってどことなく宝塚っぽい気がする、メイクの派手さ、洋風の和風解釈の卓越さ、それに全体的にマッシブな感じも。

最近、洗濯機型のタイムマシンでバブルの頃に戻るという映画が公開されてたようですが。
自分が主人公だったら、しょーもない豪遊とかはせずに、迷わずにXの東京ドームライブに行きたいな。
(流石にXジャンプはしないでしょうけど。)

1997年の解散以降、ソロ活動に移行、事故死(だと思いたい)、それに宗教騒動をおこしたメンバーまで。
様式美志向のカッチリした音楽性とは裏腹に。
よく、これだけ個性の強力なメンバーで10年近くもバンドやってたよな、と改めて思わずにはおられませんが。
今思えば、メンバー間の緊張感が、X特有の、ちょっと邦楽離れした勢いや上昇志向を出していたのかもしれません。
最近、週刊誌等でX再結成か?といったニュースを見かけますが、どうなんだろう。
元ファンとしては、全く嬉しくないわけではないけど、当時のあの勢いは・・・望むべくも無いだろうな・・・。

Amazonで「BLUE BLOOD」と「Jealousy」の リマスタリングも注文したことだし。
同年代の音楽を聞きながらも、時々在りし頃のX(Japan)に浸っている最近です。
[PR]
by ukeru3 | 2007-03-23 21:24 | 音楽・映画・お笑い・ゲーム

ジム改装

通っているスポーツクラブが2週間の一時休業の後。
つい先日リニューアルオープンしました。

器具も使いきれないぐらい豊富で、室内も内装もいたって清潔で。
わざわざリニューアルする必要があるのか?と疑問なくらいでしたが。
近隣市の系列のお店も定期的にリニューアルしているようで。
その周期が通っているスポーツクラブにも回ってきた模様でした。
別に今のままでも大多数の会員は十分満足していると思うんだけどな。

そもそも自分なんぞは多々あるトレーニングマシーンの氷山の一角のさらに端しか使えていないし(泣)。
健康志向の強い昨今、ジム経営会社間の競争はそれだけ激しいって事なのか・・・。

職場を出るときに安売りで買い込んだVAAMゼリーを飲み。
(VAAMのゼリーって機能性もだけど、何よりもあの味が結構気に入ってます。)
自宅への中間点付近にあるジムまで自転車で行き、着替えと準備体操を終えるのにちょうど30分。
リニューアル休業中だから運動できなくても仕方が無い、
とだめだめな言い訳を続けてきたせいか少々の体の重さを否めないまま。
室内に入ると、全般的にリニューアル、というかピカピカの
新しいマシーン(笑)だらけなトレーニングルームになっていました。

うおお、上半身用とかヒップアップ専用とか、多く新しいマシーンが設置されている。
運動音痴の自分としては、とりあえず見慣れない新しいマシーンを試す事が面白くて、
それが動機になってついついジムに通っちゃってる面もあるから、これは嬉しい。
腹筋系統の器具もしっかり数が増えているし。
メタボという言葉が普及したせいか、自分も含めビール好き(?)そうな老若男女で
込み合っていたからな・・・お店の人も客の需要を的確に判ってたんだろう(笑)。
そして、以前はゾーンの前方に数台設置されていただけの液晶テレビが、ランニング、エアロバイク等の
有酸素運動系の器具一台一台の前面に専属で設置されたことに(心のなかで)立ち上がって拍手。
有酸素運動が一番ダイエットにいいって事は身にしみて分かってるんだけど、ついつい億劫で、
何よりも黙々と数十分こぎ続けるだけの熱意は・・・・・正直毎週わいてこないんだよな。
そんなジムを素通りして帰宅してしまいがちな面々を引き付けるには実に効果的な改装。
特に自分みたいな文系サークルノリの人間にとっては非常にツボです。

改装前からあるマシーンを一通りこなした後。
インストラクターさんに教わって一つ新しいマシーンに挑戦し。
ニュース見ながら30分ほどランニングして、シャワーとサウナへ、
おおっ、サウナも新しく敷かれた木の香りが心地いい(笑)。
そして3階の休憩室へいくと、マッサージチェアーまで新型になっている始末。

なんか、しがない自分としては、一端の「会員だゼ」感を味わってしまいました。
他に「会員だゼ」的なものって、ツタヤと漫喫とHUB、それに多摩川の年間遊魚券ぐらいしか無いだけに。
充足感もひとしお(泣)。

少々通常よりも長い時間を過ごし、程よい疲労感を抱えながら、自転車にて帰宅しました。
スポーツクラブってサラリーマンにとっての学習塾的存在というか。
別に塾に通わなくても独学で希望通りに進学できる学生は多いし、
同様に一人黙々とエクササイズを続けられる人も多いんだろうけど。
とりあえず通っていること自体が行動への動機になるし。
知人に会ったり、目新しい器具を楽しめるといったちょっと別の動機も、
長い目で見れば本来の目的に合致する部分があるし。
そんな感じで気負わないだけに、長い間継続できるし、何よりも日常生活の一部としてしっくりはまってくれる。

運動偏差値なるものがあれば、居残り講義は必至な自分としては。
職場⇔住まい、のちょうど中間点にあるスポーツクラブのあり難さを改めて感じたリニューアルでした。
通勤経路には、酒類量販店やラーメン屋もあり、体を動かした後に最も行きたくなる所ではあるのですが。
そっちのほうはほどほどにしつつ、新しくなったジムに頻繁に足を向けていきたいものだ。
そうだ、暫くの間ご無沙汰していたプールとミストサウナにも入らなきゃな。
こちらのほうも何か改装されているかもしれない、楽しみ、楽しみ。
[PR]
by ukeru3 | 2007-03-15 23:00 | その他日常