<   2005年 12月 ( 7 )   > この月の画像一覧

ラーメン of the Year 2005

一年もほぼ終わりで、年の瀬感が市内いたるところに・・・。
今年も結構ラーメン屋に行ったよな。
とくにスクーター購入と、それに続く二輪免許取得とビッグスクーターによって。
これまでの駅とその沿線周辺の「点と線」の店巡りから。
幹線道路沿いも含めた都内周辺の「平面」的な店巡りが出来るようになり。
ラーメン屋巡りにもちょっとした幅と深み(?)が加わった一年でした。

実益(=夕食)にストレス解消も兼用できる趣味ということも有り。
健康に気を続けつつ、来年もこつこつ進めていければいいな>ラーメン屋巡り。
(飲み帰りのお客さんも主要なターゲットなせいか、営業時間は比較的遅い店が多く、仕事帰りに行きやすい点も良。)

というわけで、勝手に 「ラーメン of the Year 2005」。
以前から行っている店や、前からファンだったお店や、地元の店は除き。
「2005年に初めて行った」お店の中から、特に印象に残った店、美味しかった店を備忘録的に3軒挙げてみます。
・・・今年はやはり、環七・環八、等の主要道周辺のお店の開拓が著しかったかなあ。

-----------------------------------------------------------------------------------

①「バサノバ」
甲州街道を東に向かい、環七を曲がって直ぐの、赤い外壁と銀色の店名が特徴的なお店。
スープは和風だしの地雷原と、豚骨ベースのばらさかとの共同開発らしいですが。
いい意味でのキャッチーさというか、上記両店のようなある種のストイックさは表に出さずに。
誰が食べても美味しい間口の広がりを目指している印象を受けます。
焙り焼きの焼豚も食べ応えあるし、ハイブリットながらも、日本人の味覚にズバッとくる安定感がいいです。

②「純漣」
自分のなかであった「味噌ラーメンにうまいものなし」というジンクスを完璧に崩してくれた恩義ある店。
ちょっとラードの量を強く感じることも有りますが、濃厚な味噌味でついつい最後まで食べさせられてしまいます。
具を炒めて出すという事で、味にムラ付が有りそうな気もするのですが。
いつ行っても味の確かさと、客の誘導の的確さには脱帽させられてます。

③「スズキヤスオ」
環八を駒沢通りに入って直ぐのお店。
洋服屋さん風の外観と控えめな照明で、一見これがラーメン屋かと見間違いますが。
出てくるラーメンは多層構造ながらも、それぞれの要素に角が立っている、荒削りさも残されている感じです。
甘、中間、辛の3層のスープの上は背脂がたっぷりで、柚子の隠し味がなければ体調によってはきついかもと思うほど。
食べ進むにつれて味が変わる、一筋縄には行かないラーメンなので、
ここは是非ラーメン好きの友人達といって各人の感想を聞きたいものです。

以下、めじろ、福福、哲学堂、空海、くるり、かぎや、・・・等々。
今年初めて行って、おっ!と思った店は挙げていけば切が有りませんが、あくまで3軒のみということで。

-----------------------------------------------------------------------------------

去年の印象に残った3店が、①「せたが屋」②「一条流がんこ(末広町店)」③「AFURI」と、
どちらかといえば和風をベースを丁寧に発展させて独自性を出したお店が多かったことを思えば。
今年は、立地だけでなく、好みの味のほうも広がった一年であったかもしれません。

・・・と、いったことを考えつつ、年の最後の日は年越しそば、という事で。
今日は、寒い中、がんばって吉祥寺の一二三までスクーターで行ってきましたが。
夕方開店時間の5時丁度に行ったにもかかわらず、既に「本日終了」の板が出ていました(泣)。
昼間時のオーダー量が凄かったのかな、皆考えることは同じなのかも・・・。

しょうがないから、戻って家近くの蕎麦屋さんで、天ぷら蕎麦を食べて帰宅。
それはそれで美味しかったからいいんだけど、行った2回とも売り切れで、今年結局一回も食べられなかったな>一二三。

明日から帰省するため、気分はすっかりおせちモードですが。
(正月に帰省という、相変わらずの親不孝者を今年もやってしまった)。
来年も仕事や家事の合い間を見つけては、マイペースに都内のラーメン屋を巡って気分転換をしようと思っています。
[PR]
by ukeru3 | 2005-12-31 22:54 | Bグル・お酒・自炊

仕事納め+同期飲み

今年も仕事納めの後、同期たちと飲んできました。
残業があったため、途中合流でしたが、一次会の終わり間近から混ざることができ。
飲み会好きの同期達だけあって、当然の如く二次会へ移行。
一次会同様、国分寺の料理屋でカッツリ飲んできました。

職場でも、自分の同期達は、同期会参加率が極めて高いと言われており。
2年前に知り合った同僚達とは(タテマエではない)無礼講で騒ぎ、飲み明かせるノリで。
近況報告、私生活でのネタ話、経済・政治談議、お祝い事の合った同期への拍手から、
はては車談義、年末のテレビの格闘技話といったアホな話まで、わいわい盛り上がってきました。

他企業で○○年働いた後に来ました、他の業種で○○やってました、既婚者ですがヨロシク、
等々就職当時から自分との差を感じていた同期達もいれば。
同い年ながらも、最近、結婚が決まりました、家買いました、そろそろ子供が・・・等々
立場も変わり、背負うものが増えてきた同期も多い。
当然、仕事上も、皆各課へ散っているため、立場、利害関係、監督関係もバラバラだけど。
「同期」ということで並列関係で話せ、ふと集まれば、気を使わずに、ぱーっと飲み合える楽しさ。

よく、社会人と学生時代の人間関係は違うといわれますし、それは実際その通りだと言うしかないですが。
必ずしも前者が常にビジネスライクであったり(そういう関係は非常に多いですが)。
職業上の立場に縛られた会話しか出来ないわけではなく(そういう場が多いのは事実ですが)。

立場や職種や私生活の内容が各人別途であるが故に、話題の広げ方も各人多彩で。
違うバックグラウンドであることが前提であるが故の気配り、フォローに、助けられることが多い。

・・・と、実感させられることの多い同期達に感謝、そして多謝。
共に長く働いていけたらいいな。

二次会後、妻子のいないメンバーで居酒屋に行き深夜まで三次会をした後。
付近の雀荘に入り数局打ち(今回は自分がトップでしたが、ま、相当酒も回っていただけにこれは配牌によるところが大)。
始発前だったので、割ればバスよりも安いということで、タクシーに乗りあって帰宅しました。

来年も仕事上様々なことがあると思いますが。
一年後も年末は同期たちと飲み明かして解散したいものだ、と今年も思いました。
[PR]
by ukeru3 | 2005-12-29 23:20 | その他日常

豚の角煮

ううむ、今日は一日空いてしまった。
先日行ってきた新潟へのスキー旅行が泊りがけになるかもしれないという話が有り。
週末は土日とも空けておいたのですが、結局日帰りになり、それが祟り今日はヒマヒマ。

こんなことならM1を皆で見る会、中止せずに開催できたかも。
(ま、皆さんも今日あいているとは限らないわけで、いずれにせよ中止の公算が高かったのですが。)

M1はしっかりと録画しておいて。
年明けにでも、皆で画面にツッコミを入れつつ、ワイワイ鑑賞できたらいいなあ。
前回、前々回のM1、それに惜しくも落ちてしまったグループのDVD等も持ち寄って、
それぞれの笑いのツボや感覚の相違点を話し合ったりしたいよ。
(個人的には、東京ダイナマイトのDVD、それに流れ星、トタテン、5番6番のオンバトの映像を持参したい。)

折角の休日なので。
前回の空いてしまった休日同様、時間のかかる煮込み料理をしつつ。洗濯や掃除をして過ごすことに決めました、
特に後者はプレ大掃除ということで、普段はしないベランダの大掃除もしてみたり。
(本当は久々にジムにも行きたかったのですが、スキーの筋肉痛で断念、情けない。)

今日作ったのは豚の角煮。
いつも煮込む際に入れるのを焼酎か日本酒で迷うのですが、今回は日本酒にしました。
焼酎を入れると柔らかくなりそうなイメージがあったのですが、結局柔らかくなるかならないかは
煮込む時間に最も大きく比例するという考えに至ったため。
だったら、今日は煮込む時間たっぷりあるし。
なんとなく旨みも出そうな日本酒にしよう、と決めました。

レシピは至って大雑把です。
①豚肉に塩を刷り込み、油を敷かずに、フライパンで皮面に焼き色をつける。その後残りの面も同様に。
②均等に切り、生姜とネギの青い部分とともに鍋に入れ、3時間ほど弱火で煮込む。
③生姜とネギを取り、酒、醤油、ダシ調味料、砂糖で味付けをする。
④更に煮込み、水気が少なくなってきたら強火にし茹で汁を煮詰める。
⑤お好みで青菜を茹でたものを添える(今回はたっぷりの水菜と青梗菜)。

c0022347_2051889.jpg





なかなか美味しく出来ました、味のしみ具合も良好。
箸で切れそうなぐらい、というと大袈裟かも知れませんが、鍋から皿に移すのに、慎重さを要するほど柔らかい。
自炊の常(?)として、③の段階から飲み始めて作りましたが、丁度食前酒になってよい感じです。
M1でも見ながら、軽めの晩酌でもするかな。

この三連休周辺は、友人宅でのクリスマスパーティー、服と電子手帳の買出し、越後湯沢でのスキー、
それに料理と、楽しく過ごすことが出来ました。
必ずしも世間様のクリスマス週末のノリでは無かったかもしれませんが。
残り少ない年内の仕事に打ち込めそうな、いい気分転換になりました。

-----------------------------------------------------------

と、ここで気付いたのですが。
テレビを付けるとM1はじまってるよ、あれ、アジアンが漫才やってる、予想通り、昭和風なノリで。
あたふたして録画しましたが、時既に遅し、笑い飯、もう終わってるじゃん。
パソコンの右下の時計、時間狂ってたのかよ・・・。

なんてことだ、誰か最初から録画していないかなあ。
職場でも探してみます(泣)。
[PR]
by ukeru3 | 2005-12-25 20:55 | Bグル・お酒・自炊

酒バトン

Bass氏といわなさんよりいただきました。
受け取ってからかなり時間がたってしまいましたが。
ちょっとやそっとでお酒の嗜好が変わるわけではないので、遅ればせながら書いてみます。

1. 今、冷蔵庫にはいっているお酒の容量は?

ビール3本(ヱビス)とビール等5缶(ギネス2本に緑淡麗3本)。
それに空きかけのJINROと鍛高譚が一本ずつ、です。

ちなみに、冷凍庫にはジン(タンカレーとボンベイ)。
それにベース用のウォッカが常備してあります。

2. 好きな銘柄は?

基本的に蒸留酒が好きで、醸造酒はあまり飲みませんが、ビールは大好きです。

スピリッツ
→ジン、中でもタンカレーやシュタインヘーガー等、端麗な味のものがすき。(ボンベイはたまにしか飲みません。)
 ロックや、夏場はライム大目に絞った後にソーダでステア。
 自分にとっては、多分世の中で一番美味しい飲み物だと思っています。

ウィスキー
→何でも美味しく感じますが、どちらかと言えばスコッチとジャパニーズがすきです。
 とかいいつつ、普段家で飲むのはワイルドターキーが一番多かったり(笑)。
 そしてジョニーウォーカーの黒とteachersかな。

 ストレートやロックでよく飲みますが。
 (ウィスキー好きの方からしたら邪道かもしれませんが)実はウィスキー&ソーダに目が有りません。
 「とりあえずビールで!」も大好きだけど、「今日はまずハイボールで!」的な場も増えてほしい。

ビール
→家で飲むときは大抵ピルスナー、外で飲むときは一杯目はスタウトやエールを頼むことが多いです。
 ヱビスやギネスやよなよな、それにに各種地ビールに外国ビールに。 
 銘柄ごとに様々な角度から、その日の気分でお気楽に楽しんでいます。
 Love Beer。
 
焼酎
→麦焼酎とその他(紫蘇や黒糖)が好きです。
 家で飲むときは、銀座のすずめシリーズが多いかな、どれも飲みやすくて気分を選ばない感じが、手軽でいいです。

あと、意外かもしれませんが、カンパリが大好き。
たまに食後のデザートとしてソーダ割を一杯・・・ちょっとした幸せです。

3. 最近最後に飲んだ店は?

国分寺の鶏料理屋で火曜日に。
地鶏を使った焼き鳥と鍋、雑炊はなかなか美味しく。
お酒類も比較的リーズナブルで良かったです。
ヱビスを2杯飲んだ後、チューハイ、ウーロンハイを各一杯。
ドライで甘め控えめなシークワーサーサワーで締めて帰ってきました。
(平日じゃなかったら2次会でウィスキー飲みたかったな。)

職場の若手の人たち数人で集まって飲んだので。
特段気を使うこともなく、いい意味での「仕事仲間での飲み」といった雰囲気で、ゆったり楽しんできました。

4. よく飲む、もしくは思い入れのある5杯

・ジンリッキー(ライム大目で)
・ジントニック(割るのはトニックをウォーター・ソーダ半々で)
・ブランデーバック(生姜の効いたジンジャエールで)
・酎ハイ(ソーダとレモンのみで)
・仕事後のビール(銘柄は何であれ、こればかりは掛け値なしです)

5. これは美味かったっていう想い出の酒は?

・タンカレーNo10。
 冷凍個に入れるとキャップが外れにくいのが難ですが、すっきり、しみじみ美味しいと思う。

・カルーア・ソーダ
 甘い酒は好きではないと思っていたのに、シャープな美味しさが意外で、初めて飲んだときの印象が強かった。

・日本酒(銀盤、酔鯨、八海山・・・等々)。
 普段は積極的に飲みませんが、日本酒飲みの方に進められて付き合いで飲むと、これが美味しいし、和食に合う。
 自分の知らない世界があるんだなあと思うと同時に、徳利で注ぎあう空間もいいものだな、と感じたり。
 これまた意外性の印象が強かったです。
 
6. これは不味かったっていう思い出の酒は?

酒でこれは不味かった、という記憶は余りないのですが。
マレーシア旅行に行ったとき飲んだ現地のスタウト(黒ビールに蜂蜜を入れたような変な味だった)は少し残しました。
あと、ホワイトレディ等の甘めのカクテル。
不味いとまでは思いませんが体調によってはなんだかなあ、と感じるときが有ります。

7. 酒のおつまみは何が多いですか、そして何が好きですか
 
 ・魚の塩焼き(鯖やホッケももちろんですが、太刀魚の塩焼きが特に最高!)
 ・生ハム・スモークサーモン(これの傍にビールがない時点で悲しい気分に・・・。)
 ・乾物のイカそうめん・エイヒレ(最初に考え付いた人はノーベル食文化賞ものだといつも思う。)
 ・メカブ・もずく(最近はブームも去って手に入りやすくなって嬉しい。)
 ・砂肝料理各種(三杯酢付け、炒め、煮込み、何でもいける。)
 ・手作りサラダ(千切り野菜の上に湯通しした豚肉や鶏肉を乗せて・・・美味しい。)
 ・チーズ各種
 
 あと、外で飲んだときですが、レバ刺しとモツ煮込みは絶対に外せないところです。 

8. お酒が入るとココが変わります(こんな癖がでます)

 口数が増える。
 良くも悪くも多弁で議論好きになる。
 更に飲みすぎるとろれつが回らなくなり、しゃべる事もあやふやで、イビキをかいて寝てしまいます。
 ・・・それ以外は、覚えていない、事にしておいてください(苦笑)。

9. お酒が絡んだ最大の失敗

 ・PCのキーボード破壊やら、眼鏡大破やら。
 ・泥酔し友人に介抱してもらった挙句「君の体調が心配、明日は回復してる事を・・・」と言う趣旨の置手紙をされた。
  (翌日体調を心配して見に来てくれた上に、気分転換にと車で晩飯に連れて行ってくれた。)
 ・家の近くの公園で寝ていることに朝起きて気付き、自分不信になりそうだった。
  
  等々失敗はとても一つには絞れません。迷惑をかけた方々には本当に頭が上がらないです(泣)。

10. ジョッキを渡す人

 皆さん既にジョッキを空けておられるようなので。
 バトンではなく現実の飲み会のときに注ぎに行くことにしますゼ。
[PR]
by ukeru3 | 2005-12-25 18:13 | Bグル・お酒・自炊

お宅にお邪魔してました

金曜日の仕事後、職場の係長宅に招待していただきました。
去年に続き二度目なのですが、係のメンバー数人でのホームパーティー形式の食事会ということで。
お手製の料理とお酒をご馳走していただくことに。
ローストビーフにお刺身に煮物に、揚げた手の天麩羅(←1人暮らしで揚げ物はほとんど作らないため特に感激)、等々。
無礼講だから好きなものを飲むように、と気遣ってくださる中で。
ビール、いも焼酎、日本酒、梅酒、ウィスキーとかなりの量をいただいて来ました。
係長宅には、部屋に放してある犬がいるのですが。
人懐っこく、吠えることがない犬で、犬嫌いで吠えられてばかりいる自分に対して何度もフレンドリー(?)に近づいてきて。
犬に対しての苦手意識が少しばかり薄れ、彼らとも仲良くやっていきたいかもと感じるという、思わぬ副収入もありました。
(とはいってもまだまだ苦手、今日もバイク止めた先の家の犬に吠えられたし、なんなんだよ(泣)。)

年齢層も職場での遍歴も立場も差があるメンバーでの集まりでしたので。
酒が回るにつれて話がヒートアップしたり、議論調になったり色々有りました。

友人と単一の色調の話題で盛り上がったり、それなりに方向性の似た仲間とディベート調で話せばいいのではなく。
その場その場で変わる場の全体的な雰囲気を踏まえつつ。
言いたいことをではなく、相手に伝わりやすくかつ自分も納得できる内容を、間を挟みながら話すということ。
そいうの、自分は不得手だよな、と改めて感じたりもしました。

翌日は、また違った雰囲気で過ごしたいということも有り、夕方から大学時代の先輩宅に飲みに行きました。
最初は三鷹駅周辺の立ち飲み屋にでも行ってみないかという話だったのですが。
土曜日空いているかどうかが不確かだったため、2日連続で人のお宅にお邪魔することに。
持っていった焼き鳥と、注文した宅配寿司で、まったりと落ち着いて飲んできました。
焼き鳥は、ネギマ、カシラ、シロ、ハツ、ツクネ、砂肝、全て塩で。

なんとなく、ジャンルは何であれ何でも「塩味」で注文すれば、それなりに見えてしまう風潮(?)に違和感を感じながらも。
焼き鳥は基本的に塩派で通しているのですが。
ネギマとシロはタレの方が意外と美味しいのかもな、次はそう注文しよう、と思いながら飲んでいました。
ツクネは塩に多めの一味と決めていたのですが、次はこれもタレでいってみようかな。

----------------------------------------------------------------
トンカツはウスターソース、天麩羅は天つゆじゃなきゃいやだし。
焼き魚は薄めの塩味のものに、ほんの少し醤油が欲しいし。
目玉焼きは塩コショウ派だけど、たまに醤油かけて食べるし。
何でもかんでも「天然塩」で「いただく」的な流れは苦手だなあ。
便乗してだけど「いただく」「食す」「スウィーツ」という表記も何となくしっくりきません、別に深い意味はないんですが。
----------------------------------------------------------------

そんなこんなで、一週間分の家事や買い物が溜まりに溜まっており。
今日は、朝から洗濯、掃除、生活必需品買出し&買いだめ、で一日が慌しく終わってしまいました。
今年はスクーター購入で出費が多かったため、年末これといった買い物は出来そうにないのですが。
冬用のスーツ等の買い替え等の費用は一切かからなくてすみそうなので。
計画していた、布団の購入と、デジカメの買い替えと、電子手帳の下見をしてきました。

布団は、数週間前にネットで見つけた綿布団と、近くの店で見つけた低反発マットで悩んでいたのですが。
結局そのどちらでもなく、近場で見つけた、薄手で畳みやすく清潔そうな羊毛布団に決定。
デジカメは新発売のIXYD700を念頭においてお店を数件回ったものの、実物を見ると予想以上に重く、
ガッシリしすぎていたため、ポケットに入れて気軽に持ち運び出来そうなIXYDL3にしました。
(ちょっと雰囲気が「陸軍中野学校」等で出てくる、スパイカメラっぽくて気に入ってます。)
そして、電子手帳はzaurusの廉価版の方に八割方決定。

明日からは、第二次の現地調査に入り、様々な案件も出てきそうなので。
今日は久々の敷布団の上で早めに寝ることにしよう。
[PR]
by ukeru3 | 2005-12-11 23:35 | その他日常

東京ダイナマイト

東京ダイナマイトが面白い。
去年末のM-1グランプリ決勝で知って以来、はまっています。
その時は、出だしの刀アピールの空回りと、渋めのネタ選択のせいか、会場の反応もそれほど大きくなく。
案の定審査員の点数も辛めで早々と落ちてしまいましたが。
派手派手な紅白の衣装と、何となく間のあるツッコミとが頭にひっかかっており。
テレビで見かけるたびについつい見入ってしまい、毎回笑ってしまい、すっかりファンに。

ゆるいやりとりと、独特の間の中での、的確なボケとツッコミ。
表情大きくボケたおす松田も、時に鋭いコメントのハチミツ二郎も、常にどこか余裕があるというか。

インパクトで笑わせられたり、変に今のことを意識せざるをえなかったり。
そういったスタンスから距離を置いた度量のようなものを感じさせられ、しかもネタは毎回面白かったり。

即効性で観客を爆笑させるグループも凄いなあと思いますが。
(アンタッチャブルや南海は個人的な好みからはずれますが、人気は納得です。)
坦々と笑いを継続させてくれるグループが希少なだけに、グッと来るものがあります。
テレビ会社主導のお笑いブーム(もうそろそろ終わりかな?)であることは明白で。
一つのネタの使用耐久性が低い(あえて低くしている)ものが多い中、
録画したものを複数回繰り返し見て楽しめる、練りこんだネタをテレビで提供してくれる印象が有ります。

それでいて、決して安易に敷居を高くしないところが好きです。

麺の湯切り、ニコニコ弁当、タクシードライバー24、面接、雨にもマケズ、父からの手紙等々。
挙げていけば切が無く殆ど全部なのですが、実に面白い。

どことなく見ていて東京の下町的な雰囲気のする彼らですが。
別に江戸っ子なわけでは無いそうで、事務所のページによると出身は岐阜と岡山だそうです。
これは、少しタケシっぽい口調の松田と、いかにも和服が似合いそうなハチミツ二郎の体型による錯覚なんでしょうかね。

来年こそは、チケット取れるか分かりませんが、缶ビール片手に彼らのライブを見に行ってみたいな。

-----------------------------------------------------------------------------

M1GP2005が近づいてきました。
現在準決勝進出確定メンバーの中で残って欲しいグループは、
東京ダイナマイト、トータルテンボス、5番6番、流れ星。
少し気になるのは、りあるキッズ、笑い飯、ハリガネロック、かな。

準決勝とはいえ、不勉強なため、知らない名前も多いです。
漫才を見たことは無いですが、名前的には昭和の東映映画的な、ジパング上陸作戦、バルチック艦隊、庵、が気になるな。
[PR]
by ukeru3 | 2005-12-07 20:45 | 音楽・映画・お笑い・ゲーム

週末、駄菓子バー、そして江ノ電

ここのところ、週末の近況備忘録しか書いていない気がします・・・。
平日は、坦々とした事務処理や調整や入力に追われており。
日記として、それについて書いてみたいかも、というアルバムやお笑いグループやバトンが幾つか溜まっているのですが。
それは、ちょっと落ち着いた時に、まとめてつけてみようと思っています。

というわけで、今回も週末の備忘録ですが。
土曜日と日曜日、それぞれ駄菓子バーと鎌倉散歩に行って来ました。

行ったのは池袋にある駄菓子バー
¥500のチャージをまず払い、その分、終始駄菓子を食べ放題というシステムで。
少しこじんまりとしてはいますが、駄菓子以外のメニューも有り、菓子ばかりを食べなくても
普通の居酒屋さんとして機能しそうな感じのお店でした。
(モツ煮込み、から揚げ、枝豆、等々、駄菓子以外にも、定番メニューは一通り揃っていた。)
ちょっとテーブルの配置が狭く、店員さんの少なさによる若干オーダー遅めの飾らない空間が、逆に雰囲気を出してもいて。
変になつかしさを気負うことなく、社会人数人が向かい合い、駄菓子をパクついて楽しみました。
まずはビールで。
(置いてあるビールはベタにクラッシックラガーだろ思いきや、そこは意外にも変化球でモルツとコロナだった)
その後、ホッピーを2瓶ゆっくりと飲みながら・・・

うまい棒(メンタイ味、サラダ味、さきイカ味を混ぜつつ)8本程度、
麦スナック1袋、
よっちゃんイカ1袋、
蒲焼さん太郎2袋、焼肉さん太郎2袋、ワサビさん太郎5袋、
ソース煎餅1袋、
ミニヨーグルト1個(プチダノンの1/4ぐらいの量で、油脂分多そうなあれ)、
ココアシガレット1箱、
ラーメンスナック2袋、
その他、のしイカ、麦チョコ、唇の形したグミ・・・多数

等々を食べ、少しばかり「大人買い」的な感覚を味わい、満腹気味で店を出ました。
非常に楽しく、また行きたい所なのですが。
帰宅後の晩酌は、ウォッカを野菜ジュースで割った、自作のヘルシーカクテル数杯でバランス(?)をとりました。

そして、翌日、日曜日は鎌倉へ。
旅好きのキャンプサークルの友人が企画してくれた旅行&散策で一日を過ごしてきました。
述べ7人で新宿から藤沢へと向かい、一日券で江ノ電を往復し、沿線を満喫。
皆もが経験済みの鎌倉では無く、街路を気の赴くままに探索するノリとのことで。
藤沢の住宅街の景観を観察し、予定外の坂道を上り、道沿いの小売店に入り、海岸の景色をゆったりと楽しみ。
昼飯は落ち着いたレストランでサンドイッチ、夕飯はスナック風のお店で釜茹シラスの乗ったご飯を食べてきました。
昼過ぎからの雨で寒くはあったのですが、その分雰囲気もあり、歩きがいも有りました。
去年の夏、職場の課内旅行でいった江ノ島旅行が、よくも悪くもコテコテ路線だっただこともあり。
今回の江ノ電での探索は、行った先々や突発的な光景や出来事が一つ一つ楽しく。
沿線を歩き回った心地よい疲労感と共に帰宅しました。

家に着き一息ついた後、鎌倉で買ってきたハムとビールで、晩酌を、控えめに。
(大判のももハムを買ってきたのですが、噛み応えある赤身の多さと、しっかりとした塩味で、実に美味しい。)

今更ながら、土日を暦どおりに休みをもらっている現状に、感謝、ですね。
そして、週末気分転換も出来てることだし、日常の間に、機を見て何か新しいことを始めていきたいな。
最近読書や、映画鑑賞からはさっぱり離れていましたが、とりあえず今日薦めてもらった小説を明日の帰りに買ってこよう。
[PR]
by ukeru3 | 2005-12-05 00:45 | その他日常