RADIOHEAD Japan Tour 2008

Radioheadのライヴに行ってきました。
10月5日、埼玉スーパーアリーナです。
03のサマソニと前回のツアー、通算3回目のライヴになります。

しばらくたっても余韻の消えない、凄い内容でした。
うまく表現できないのですが、あえて言うとすれば、
色んな意味で圧倒的なライヴでした。

ツアー終盤なので、バンドの熟練度が高かったのは、
前日も観戦していた友人の言ったとおりでした。
In Rainbowの曲をしっかりやりながらも、ベンズ等から
も多くの人気曲を演奏したリストは分厚かったです。

ただ、なによりも、なににもまして、改めてRadioheadは凄いな、と。
Kid A以来、過度の雄弁さをカットしたアルバムが続いていますが。
それは新しい音楽的な要素を次々と取り込みながらも、
安易ないいとこ取りとは無縁で。
バンドとしての咀嚼を惜しむことが無いから。
・・・と、今回のライヴを見て、実感させられなかった観客はほとんどいないと思う。

演奏も、スクリーンも、光量も、非常に新しくて、観客はどっぷり引き込まれているのに。
当のメンバー達にはどこと無く余裕が漂っている感じでした。
メディアに打ち出している場所よりも、実際の彼らは相当先で活動しているのかもしれない。

個々の細分化されたジャンルの内輪の先端ではなく。
スケールの大きなバンドとして、最前線にいる姿を、しっかりと見せつけられました。

これはしばらくの間、他のライヴを見に行くのが怖いかも・・・(笑)。

-----------------------------------------------------------------

さいたまスーパーアリーナ 10/5
(検索したもののコピーです)

5 Step / Airbag / Just / There There / All I Need Pyramid Song
Weird Fishes/Arpeggi/The Gloaming/Myxomatosis / Faust Arp
Knives Out / Nude / Optimistic / Jigsaw Falling Into Place
Idioteque / Fake Plastic Trees / Bodysnatchers

Like Spinning Plates / Videotape / Paranoid Android
Reckoner / Everything In Its Right Place

Go Slowly / My Iron Lung / How to Disappear Completely

-----------------------------------------------------------------

世界的グループの話にかこつけて大変恐縮なのですが・・・。
トムと誕生日が同じ日にちなため、明日から三十路です。
怖くない、毎日を楽しく過ごしていこう、と思ってます。
[PR]
by ukeru3 | 2008-10-06 21:31 | 音楽・映画・お笑い・ゲーム


<< 11万人のキャンドルナイト 季節境 >>